ブログ

■ 賃料滞納者との面談 

  昨日、担当している賃貸物件の滞納者が事務所にいらした。

今後の事で打合せをしたいというのが趣旨だった。

 

 そこで、先日東京都内で賃料滞納者が大家さんを殺害した事件をも

思い出した。

 2人の間でどのようなやり取りがあったか、知る術はないが、

私も業務上、細心の注意を要する場面になる。

 

 とにかく、滞納者の事情や意向をなるべく聞くように心掛ける。

賃貸契約期間の長短も大事な要素だ。長く借りているお客様なのだ。

 

 世間話を交え、約2時間の面談だった。

今後の展開について予断を許さないが、信じて差し上げる部分で譲歩した。

お帰りの際には当社のティッシュボックスを差し上げた。

 

 トラブル回避を心掛けてはいるが、結末はどのように

なるか、それも分からない。

 

 この業務についても、これがベストという感覚はないが、

避けては通れない性分なのかも知れない。

 

 

 

 

 

最新記事