ブログ

■ 滞納者と魔法の言葉...

 レンタルコンテナ利用のお客さんの滞納で、悩んでいた。

滞納金額も結構溜まってしまい、契約解除したにも関わらず、

内部の物量が多く、明け渡しもままならなかった。

 

 このようなケースの場合、滞納金額の回収と

明け渡しが同時に履行出来ればいいのだが、

実務上はそんなには甘くはない。

 

 どちらかを優先せざるを得ないが、基本的には明渡しを優先する

姿勢を取ることになる。

 

 その明け渡しも長引く。

何回か期日を決めて明渡し完了を促すが、思い通りにはいかない事態。

 

 いよいよ今回こそは、というタイミングが来た。

そこに、魔法の言葉や方法があれば、と思っていたが、それがあった。

 

 ANAの元CAの指導者さんが書いた本に、魔法の言葉というものが。。。

飛行機という密室の中で様々なクレームに対応する内容だが、

それをアレンジしてみた。

 

 明け渡しの日に電話も迷惑だろうと思い、携帯のショートメールを使い

その言葉を送った。

 

 すると、暫くして電話が鳴り、今日無事に明け渡しが完了した、と。

滞納分も今後、継続して支払う約束もしてくれた。

 

 全てが上手く行くほど、世の中も甘くはないが、今回は魔法の言葉が奏功した、

と思う。

 

 正論を吐いても、遠のいていく人間がいるように、

様々な事情により、滞納されている方にも正論が通用しにくい場面が

目立って来たように感じる。

 

 今後もケースバイケースにより対応を計る必要性があるようにも

思われる。

 

 

 

 

 

 

 

 

最新記事