ブログ

■ 不動産少額投資

■ 2017年 2月3日金曜日

 午前中は事業用建物賃貸借契約書作成。
本物件は、埼玉県戸田市内にある中型店舗の借受け契約。
店舗の所有者より当方が借受け、当方の顧客に転貸、
サブリースをするためのオーナーとの原契約。

顧客であるテナントはリサイクルショップ店を運営する。

 
 午後は取引先の地権者より相談を受ける。
ご子息のためにも、少額ベースの不動産投資に興味があると言う。

予算は500万円~1,000万円位の感覚。

 土地付き建物、一戸建ての住宅であれば、埼玉県飯能及び日高市
周辺の市場感覚について説明。

 中古の区分所有建物、マンションであれば、東武東上線の富士見市
周辺エリアでの市場感覚について説明。

 団地タイプの低額マンションで、1階及び2階の需要などについて説明。
敷地権及びその割合などの見方について説明。

その他では、借地権付きの建物の取引成功事例について説明。

不動産少額投資のニーズについて、強く感じるものがあった。

最新記事