ブログ

■ 優良な土地とは...

2017年4月16日 日曜日  

さいたま市内において、市街化調整区域内にある貸土地があった。

建設会社が資材置場で使用していたが、先月末返還となった。  

調整区域内とはいえ、公道の道路付けが良くて、角地でもある。  

空いたので、当然再募集と思っていたが、地権者は売却の意向を 持ち合わせているという。  

要、相談で打ち合わせという事になり、関係書類を確認した。

予想通り、貸付けしている賃料1カ月分で固定資産税1年分を 楽々支払える土地であった。  

市街化区域内の土地であれば、固定資産税1年分を支払うのに、

3~4カ月分の賃料を保持する必要があるので、大違いになる。

 これが優良な土地の証拠でもあり、売却も余程の事情が ない限り、勧められるものではない。  

しかし、地権者にも当然、ある程度の資金が必要な状態なのかも 知れない。  

売却の際、調整区域は建築出来ない地域だから、売買価格は 半分以下になってしまうだろう。

 どのような事情が背景にあるのだろうか。 ただ、優良な不動産である事も伝えるべく、

書類整理して、 近日中に初めてお会いする運びになった。

最新記事