ブログ

■ 刑事さんは突然に パート2

 現場に着くなり刑事さんは無駄のない動きをされ、写真を数枚撮影した。

『ありがとうございます。これで結構です』 

丁寧な物腰で刑事さんからそう言われ、再び車中の人となる。

ようやく、少し和んだような雰囲気となり、思い切って『尋問』してみた。

『昨夜は別の容疑者宅の張込で、夜通し車中にいた』

『1カ月の休みは1日位、2日あれば良い方』

『公務員だという感覚で警察に入った人間は辞めていく』

『この仕事自体が好きだ、という思いがないと続けられない』

 より一層と目が覚めるような言葉が車内で重く響き、頷くほかはない。

このような刑事さんが日本の、地域の安全を守ってくれて信じてやまない。

事務所に戻ったら、お茶でもお飲みになりませんか?

 これが、私の最後の『尋問』となってしまった。
これに対して .....

『いや、すぐ署に戻らないといけないのです』と、即座に言い切った。

刑事さんの行動力に感嘆した。

会社の駐車場で刑事さんは颯爽と車を乗り換え、西の方角へハンドルを切る。

 通行人には滑稽な姿に見えたかもしれない.....
我を忘れたのか、刑事さんの車が見えなくなるまでブンブンと手を振っていた。

 その時、沈みゆく太陽が映えたのは幻想だったのか。
これだけは、少しオーバーな表現なのかもしれない。

最新記事