ブログ

■ お客様とお菓子

 8月19日 土曜日

 夏季休暇明けの業務となった。
昼下がり、1人の女性のお客様が来店された。

 対応している人間が、何やら忙しく書類を確認していた。
ふと、お客様の方に目を向けると、カウンター上にお茶をお出ししていない事に
気が付いた。

 冷たいお茶を出すと、お客様は大きなビニール袋を手に取り、
私に差し出した。

 どうやら、お菓子を持参して来店されたようで、渡されるタイミングを
計っていたようだった。

 レンタルコンテナをご利用いただいているお客様で、
鍵を失くされた事の措置で来店されたという。

 ご利用いただいているお客様からお菓子をいただくケースは稀だ。
私の方が驚いてしまい、お返しに会社のティッシュボックスと
タオルを用意した。

 ふと、お客様に対し感動を与える程の業務とは、幾ばくなものか、
考えてみたが、すぐには見当がつかないものだ。

 ここは、言葉使いと礼を重んずる事しか思い浮かばず、
深くお辞儀をする事しか出来なかったが、素敵なお客様に感動した。

最新記事