ブログ

■ 貸店舗と塾の借主

 9月22日 金曜日 

 暫く空いていた店舗が契約となった。
賃料は230,000円位だ。

 借主は個人の方で、塾の講師だが、独立した様子だ。
近年は塾の契約が多くなった。

 子どもさんへの教育熱は収まらないのだろうか。
市内でも塾が多く見受けられる。

しかし暫くすると、生徒が集まり、しっかり運営されている。
塾で滞納というリスクは非常に少ない。
しかし、賃料減額要請が入る可能性は『0』ではない。

 今回、店舗のオーナーに対しては我々の方が借受けさせて
いただき、塾に対して貸付を行った。

 店舗のオーナーには、その塾が明け渡すまでは賃料の保証を
行う事になる。それは、通常終了と非常事態による終了かは問わない。
併せて、契約中の小規模的な修繕費用も負担させていただく内容だ。

 借主より修繕の相談があった場合、より速やかに履行が出来る事にも
つながり、友好的な関係を構築する可能性もある。

 

最新記事