ブログ

■ 普通借地権設定契約書

 9月23日 土曜日 

 標題の契約書を久し振りに作成した。
土地は約70坪弱で、賃借人の目的は車庫と倉庫の建物を所有する。

 契約期間は長期、30年間。
賃貸人である地権者からすると、土地を長期間は貸付ける事になる。

 いわゆる借地となるため、土地の評価が下げられ、相続対策の
一環にもなると言われている。

 そして、建築費などの投資が不要で、賃料は非課税だ。
賃料の設定方法も色々あるが、合致したら有益な活用方法の一つと思われる。

 賃借人から見ると、土地の取得費が不要で、建物を所有出来る。
長期に利用出来ることもあり、需要はあるが、供給側が少ない。

 建築費が高騰している時代でもあり、借地や貸地での活用も
再考となる流れになるものと思われる。

最新記事