ブログ

■ 夜のロマンスカー

 夜、仕事を終えて、戸田から新宿へ向かうことは既に決まっていた。
新宿からは初めて乗ることになるロマンスカーで、深夜の箱根に向かうのだ。

 まだ若い頃、新宿発のロマンスカーには特別な憧れを持っていた時があった。
恋人と同乗して芦ノ湖に行ってみたい。 確か、淡い願望を持った時もあった。

 しかし今宵、初めて乗るロマンスカーは、一人ぼっちなのだ。

 淡い記憶とは裏腹に、箱根で待っているのは年老いた両親と口の濃い
実姉だという現実の設定に目覚め、思わずホーム上で苦笑いした。

 この数カ月前、口うるさい姉から.....
『 両親が老いたから、行ける内に箱根に連れて行きたい 』
『 全ての旅費はきっちりと、あんたと折半だから! 』

姉のゴリ押しに、親孝行もした事がなかった自分は押し切られた。

 台風一過、夜のロマンスカーは予想以上に空いていた。
物事を想うに十分な静けさを保ち、住宅街をすり抜けるよう西へ向かう。

 不思議な夜となった。
町田を過ぎた辺りから、走馬灯のように記憶が甦る。
 
 ひとりぼんやりと夜の車窓を眺めていたら、幼い頃の両親の顔を思い出した。
今の自分よりも、はるかに若い頃の母の表情が脳裏に浮かんだ。

 翌日、芦ノ湖上空は、この世とあの世の境界線がないことを示すような
今までに見たこともない、澄み切った青空が天空にまで広がったように見えた

 今はもう、同じシチュエーションで箱根に行けなくなってしまったが
同時にロマンスカーに対するわだかまりも見事に消えた。
古人曰く、わだかまりや執着は一つでも多く捨て去る方がよろしい、と。

     あの時の空が虚空だったことに気付くにも、時間を要してしまった。

最新記事