ブログ

■ リスクの少ない賃貸契約

 先日、事業用定期借地契約の取引を行った。  

土地を借りてくれたのは、大手コンビニエンスストア本部だ。

その土地がある程度の街道に面していたため、比較的スムーズに

取引が完了した。

 

 土地の所有者である地権者にとってもリスクの少ない

契約の手法の一つだと思う。

 

 これは、契約期間は定期で20年間。更新のない契約だ。

土地上に建つコンビニエンスストアの建築費は

借主であるコンビニ側が負担する。

コンビニ店といっても、建築費要は総額で5,000万円前後はかかるという。

 

 地権者側には原則工事費用の負担はなくて、20年後には

更地で土地も返還される事が公正証書により約定されている。

 

 従来は、地権者側が当然に建築費用を捻出してお店を建築して

建物を貸す契約となるが、借主が撤退した場合、その後の展開が

少し厳しくなる場合が多い。

 

 今回のように、定期借地契約という形態が少しずつ増えて来るのは間違いないと

思われる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最新記事