ブログ

■ 用地と地権者の判断 

 全体的に当社営業エリアにおいては貸土地と売却用地の案件が

少ない状態が続いている。

 

 それにも関わらず、最近レンタルコンテナ用、賃貸土地の

相談と案件が増えている傾向が多少ある。

 

 さすがに、即契約とまでは簡単に行かないが、色々な案件が持ち込まれる

ケースが多くなってきた。

 

 先日も、入居者のいない古い平家の貸家で、解体後の活用について相談を受けた。

しかし、解体費用も安くはなく、地権者にとっても負担は大きい。

これが木造なのだが、鉄骨や鉄筋コンクリートではどうなることか..

 

 いずれにしても、取巻く環境の変化の兆候だと思う。

新たにアパートやマンションを建てる地権者もいれば、

もうアパートやマンション経営は行わないという意向の

地権者も徐々に表れ始めたように感じている。

 

 地権者を取巻く状況と所有している不動産の環境によって

居住用にするのか、事業用にするのか、更地活用にするかを選択していかねばならない。

 

 特に、駅から距離感のある土地で、新築を伴う高額な建築による活用内容については、

慎重に行う必要があるものと思われる。

 

  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最新記事