ブログ

■ 土地を売る、ということ

 売却用の土地が少ない、という状況から一転したのか...

最近になって、地主さんから土地の売却相談に関する案件が

少しずつ増えて来ている。

 

 売却は最終手段だからか、一般に地主さんからの売却相談は意外に少ない。

相談自体がない時、数カ月は全くない時期もあったものだ。

 

 しかも、最近の案件は売却するには惜しい土地もある。

土地を相続なども含めて、他人に渡したくないという方もいる一方、

生前に売却してみよう、という方もいる。

 

 相続で取られたくない土地、他人に渡したくはない土地には

主に賃貸マンションが建てられる。

よって、未だ賃貸マンションの建築も増加傾向にあるみたいだ。

しかし、人口減少による運営懸念もある。

 

 その地主さんの環境及び考え方にもよるが、いずれにしても

判断の違いが出始めてくるだろう。

どちらの道を選ぶのか、正解は直ぐには分からないだろう。

 

 そこで思い出されるのが、ある地主さんの言動だ。

以前、私を前に豪快に言い放った言葉が忘れられない。

 

 土地は売却出来る時に売却した方がいいと言われた。

売った金で豪快に使うのも悪くはないよ、と。

土地自体、価格が上がる事は地域によっては見込みが薄くなったと。

 

 地域と立地にもよるが、マンションを建築した所で、

子どもに迷惑かかる可能性が高い、と。

 

 建てるのは親父さん、将来明渡しを履行させて、

建物を解体するのは子どもや孫の仕事では、確かに少し酷な時代になるのかもしれない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  

 

最新記事