ブログ

■ 看板営業というリスク

 久しぶりに当社の看板製作を請負う業者さんと打合せをした。

 

 ここ最近の天候不順による強風、突風対策で、レンタル用コンテナの

上部に設置してある看板を順次、撤去して安全な場所に改めて設置、

張り付ける方法による対応に決めようと思った。

 

 先日、都内ではビルの屋上にある塔屋看板も外れたようだ。

幸い、怪我人はいなかった模様だが、人事ではない。

 

 レンタル用コンテナの現場では、現地を見てからの

問合せも多く、現地営業看板の出来不出来か反響に左右される。

 

 我々のような運営会社は、やや派手目な看板構成をどうしても考えてしまう。

当然、目立つ看板でなければならないので、必然的にコンテナの上に

鉄骨を組み上げて設置する看板が多いものだ。

 

 それらの鉄骨も10年前後で腐食が進み、

強風により落下するリスクが内在しているかもしれない、

という指摘を受けた。

 

 今回、目立ち続けることも必要なのだが、リスクを避けて安全を優先させる

看板設置の順次移行に同意をした。

 

 何を優先させるかを考える必要が常にある、と言われて久しい。

もっと厳しい選択の案件があるかも知れないが、即座に判断を心得たいものだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最新記事