ブログ

■ 遍路の訳は...

 四国八十八カ所霊場への旅は歴史も古く、余りにも有名だ。

いつの日か、巡礼の旅に出てみたいと思いながらも、少し時間が過ぎた。

 

 まずは、その旅について経験者からお話を伺っておきたい。

この場合、なるべくなら経験豊富な方の話が、何かと良いものだ。

 

 しかしながら、中々そのような方に出会うことはなかったが、

チャンスはある日のこと、突然やって来るものだから不思議だ。

 

 当社の既存取引オーナーではなかったが、ある土地を所有されていて

賃貸案件について思惑が一致しそうな段階に入った方だ。

 

 相当な広さの自宅敷地で、結構な資産家の方だ。

現役の頃は金融畑が長く、不動産の知識も豊富で

舌鋒鋭い方だから、私などはダジタジになってしまう。

 

 応接室に通されて、主要な話を終え、しばし雑談を重ねた。

次回訪問の日時を探ってみたところ、1週間ほど四国へ行く予定が入っている、と言う。

 

 何とはなしに...『もしや、四国霊場の旅に行かれるのでしょうか?』と尋ねたら

突然顔を向けられ、その通りだと言われたので、こちらも驚いた。

しかも、ここ数年は1年に2回も行かれる、相当な経験を有するお遍路さんだった。

 

 その後、話題は一気に巡礼、遍路の旅一色になった。

過去に行かれた何冊もある勧進帳を見せていただき、お遍路衣装や

年季の入った遍路用の杖まで登場して初めて盛り上がった。いや、そのように見えた。

 

 話が落ち着いた頃、思い切って尋ねてみたい事が浮かび上がっていた。

『しかしオーナーのような方が、このようにお遍路に行かれる訳は、一体何でしょうか?』

 

 さすがに一瞬、沈黙となり、場の空気が一気に重たくなった。

やはり、気まずい質問だったかなと、後悔してしまった。

暫く間を置いて、口を開かれて出てきた言葉は意外なものだった.....

 

何の不足もないように見えた方だったから、返す言葉が見つからなかった。

 

 お遍路さんとなって、巡礼する訳は人それぞれだと思う。

しかし、一心不乱になって祈りに打ち込んでいる時、

悩みから一瞬でも解き放たれるものではないのだろうか...

 

そのように感じたが、真実の一端は自分でも行かない限り、分かる術もないのだろう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最新記事