ブログ

■ 都心の地権者

 我々の営業エリアでも、東京都内在住の地権者がいらっしゃる。

先日も埼玉県内のある土地について、東京都内からお越しいただいた地権者様がいた。

 

 ご両親から相続や贈与などで受けた資産をお持ちなのだ。

対象となる不動産について、先日初めて見に行かれたと言う。

共有されているご兄弟では、見たこともない方もいらっしゃる。

 

 改めて、ご売却やマンション建築の意向を探ってみたところ、

すぐさま拒否反応を示されたので、私も正直安堵した。

事前のヒアリング通りだったからだ。

 

 そこで、案件となる土地について月極駐車場にした場合の想定収入や

経費について説明をさせていただいた。

また、別の角度から、土地の一括借上げについても提案をさせていただいた。

 

 借上げ後はレンタル用コンテナ用地、もしくはコインパーキング用の土地として、

最低でも5年間はお借りしたい旨を伝えた。

 

 正式な賃料提案は行わなかったが、概ねの賃料ラインをお伝えしたところ、

ご自分の見解や主張をされる事はなく、スマートな印象を与えてくれた。

 

 コンテナ用地の場合、難色を示される地権者も多いが、その気配は見せない。

後日、ご親族とも相談を経て、再度の連絡という事になり、打合せも終焉になりそうになった。

 

 改めて登記簿謄本の情報で、お住まいが東京の都心部だった事を認識した。

都心部に住まれる利便性をお聞きしたところ、言葉が滑らかになられる。

 

 今回のケースのように、ご両親などの相続や贈与で、1度も所有されている

土地すら見た事もない、というケースが増えるかもしれない。

安全な運用を求められ、お互いの利害が一致出来る取引を継続したいものだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最新記事