ブログ

コンテナを始めた男..2

こんにちは。。

 

 月極駐車場の収入減に悩んでいた地権者。(以下、オーナーという)

それを改善しようと、色々な土地の活用方法を模索していたのも知っていました。

セミナーの参加にも熱心なオーナーです。

当然のように..定型のアパートマンション建設の提案も、大手ハウスメーカー数社から

受けていました。

 

 45坪の敷地ですから、2階建てのアパートマンションにしても

最低4室は建築可能です。 1LDKの4所帯と言ったところでしょうか。。

併せて、少し流行の兆しもある戸建住宅の賃貸も検討していました。

この案件の土地の場合、2所帯は建築可能な訳です。

 

 特に驚いた話は2階建てのマンション建設の提案の内容です。

某大手のハウスメーカーさんの提案です。

建築代金を含む総事業費用が軽く4,000万円以上から4,500万円超もするような

提案があったようです。

 

 今や、単純計算で、敷地面積×100万円が最近の総事業費用と言っても過言ではないのです。

200坪の敷地なら。。。軽く2億円以上の建築費用の提案を受けてしまいます。

 あとは~ 1室×1,000万円=?

という簡単な計算もあります。

 

 ここで、このような案件の土地でアパートマンション建築による投資回収と

コンテナ建築による場合との比較の話をしていこうと思います。

驚く事に、4倍以上の差が、そこにある事に私も初めて気がついたのです。

次回、簡単にその理由を話していきます。

 

 

写真は先日、この案件の土地に到着したばかりのコンテナです。

 

 P1060027

 

最新記事