ブログ

レンタル物置誕生...運営術4

いかにして、投資した分の費用をなるべく早めに回収するか?

 

これはどの事業においても共通のテーマになっていると思います。

 

 レンタル収納事業において、一般のお客様もしくは近隣の

法人にその収納スペースを貸し出して、売上としての賃料収入を得る。

 

 その売上から土地を借りている地代を支払う。

残りは投資した物置やコンテナ代の回収、償却分に充てます。

 

 その際、満室時の売上から更に20%落とした80%の

売上から地代を引いた粗利益、これがいくらで、

その年間分に投資した金額を割り込んでみます。

 

 この現場でこの仮定の計算をしてみると、

お借りしている地代を表記出来ない関係で、

計算式は省略しますが

単純計算で表面利回りは約23%になります。

 以前はこの表面利回りが30%前後までいった現場もありましたが、

最近では20%以上になるのであれば、投資して運営していく価値があると

考えています。

 まして、一旦設置をして80%近くの稼働に到達すれば、地代以外に大きくランニングコストが

発生しない収納事業ですので、魅力のある事業の一つであると思います。

 

 最近になって、その事に気づいてきた一般の大家さん、

地権者も少しずつ拝見するようになってきました。

 

 その中の一人の地権者の話、実際に地権者自らがコンテナ建築の投資を

してレンタルボックス事業をはじめられたオーナーの話をしていきたいと思います。

 

 DSC06859

 

最新記事