ブログ

■ ドクターラブ

 昨年、市内に某ハウスメーカー主導によるクリニックモールが開発された。

医院3棟及び調剤薬局1棟による構成になる。 

 

 地権者が建築主となり、開業医さんらに貸付ける、建物賃貸借方式だ。

私共はその契約に関する業務、賃料及び建物等の管理をさせていただく。

 

 その1棟目、最初に契約された開業医の先生と建物引渡し業務で再会した。

医学博士でもある先生と食事を共にさせていただき、色々お話を伺ってみた。

 

 幼少の頃より、祖父が大好きで、お爺ちゃん子だったと言う。

その祖父がリウマチで長年通院されていた。

 

 将来はリウマチを治せるお医者さんになって、大好きな祖父を良くしてあげたいという

志を立てて、それを見事に実現された35歳の若き、ドクターだ。

 リウマチの他、小児科も併設されるファミリー向けのクリニックになる。

 

 その、ドクターご自身の身体は華奢な感じで、中性的な魅力に溢れている。

男でも惚れ惚れしそうな、甘いマスクの持ち主だ。

 

 物腰が非常に柔らかく、今までに見たこともないタイプのドクターだから、

太鼓持ちにはなれないが、人気が出ること、評判が上がることについて太鼓判を押せる。

 

 ご自身にもお二人の男の子がいらして、将来どちらかの子どもさんと一緒に

診療にあたりたいと仰るのを聞いて、ドクターの成功を確信した。

 

『 少なくても40年は仕事が出来ますから 』と、言われたので舌を巻いてしまった。

 

 このような素晴らしいドクターと永いお付き合いが出来るのは、仕事冥利に尽きる。

我々は微力であるが、陰ながら可能な限りサポートをさせていただく気持ちになった。

 

 ドクターと別れてから昔、北米の人気ロックバンド、KISSというグループで

『 コーリング ドクターラブ 』というヒット曲があった事を思い出した。

調べたら、もう40年も前の楽曲だが、今夜久しぶりにそれを聞いてみたくなった。

 

 40年と40年で、不思議な感じを覚えたが、たぶん単なる偶然なのだろう。

 

 しかし、それよりもたまには早く家に帰ってみて、不肖の息子の顔を

見つめてみるべきかどうか、迷った夜になってしまった。 

 

 

 

最新記事