ブログ

■ 借地の賃料と利回り..

 ある案件があった。

事業用定期借地契約に関するものだった。

 

 ある更地の土地があり、そこにお客様が店舗を建築したいと言う。

その土地を借りる際、地代賃料の目安について相談があった。

 

 これについても正解はなくて、貸主及び借主での合意形成が必要だ。

しかし、目安になるものが必要なのだが、路線価による試算方法があった。

 

 その土地の路線価を調べてみる。

例えば1㎡あたり、150,000円の土地であり、

面積が300㎡となると、総額45,000,000円の価格となる。

 

 45,000,000円の土地を更地所有されて、運用利回りを

4%~5%で設定してみる。

 

 5%の場合、2,250,000円となり、これが年額の賃料総額だ。

月額賃料となると、187,500円という机上計算になり、目安となる。

 

 現在、超低金利の時代にあって、土地を所有していて5%前後の利回りが

確保出来れば、という見解の一つなのかも知れない。

 

 5%と言っても、馬鹿に出来ないかも知れない。

概ね事業用定期借地契約の場合、20年前後の案件が多い。

20年かけて、路線価格による売却相当額の収入を得る事が可能だ。

 

 20年後に、更地となって本当に売却出来るという選択もある。

お若い地権者なら、2度おいしいという表現になるかも知れない。

 

 問題は、お客様が望むような土地を所有されているか否かだが、

更地をベースにした土地活用も、その方法が増えてている気がしている。 

 

 

 

 

 

最新記事