ブログ

■ 専属専任媒介契約

2017年4月8日 土曜日

 土地付建物、中古住宅の売却による媒介契約を行った。
社内の販売部の人間が同行してくれて、受託出来た。

 主たる所有者はご主人だが、建物は金融機関による融資の関係で
娘さんとの共有名義になっている。

 その娘さんの隣にご主人もいらした。
再度、本件における査定額の説明及び近隣成約事例などの説明を
行った。その他、数点の確認事項の打合せもあった。

 最終的に売り出す金額設定で、ご意向も伺いながら、金額を決めた。
その後は、見学希望のお客様が現れた場合の措置も決めた。

 終始、和やかなムードであったため、速やかな販売活動による
業務遂行を計りたい。

 帰り際、今回売却をするきっかけにもなった、奥様の遺影に
お線香を上げさせていただき、引き上げた。

 ご主人の目が少し潤んでいたように見えた。
気持ちを察する事が出来たため、見つめる事には憚りがあった。
深くお辞儀をしたから、ご主人の足元を見つめた時間を感じた。

 

最新記事