ブログ

■ 大型店舗の明渡しと、その後の措置

 

2017年5月11日 木曜日

  先日、とうとう滞納しているテナントが店舗を明け渡した。

数カ月前より、この期を見ており、並行して新規テナント付けを

水面下で展開していた。

 

 結果、現況の築25年を経た建物を利用していただける候補は1社。

他は全て、建物を解体した後、新しい店舗を建築しての出店が多い。

 

 オーナーも苦慮している。

建物を残すか、解体するか、迷う状態だ。

解体費用は1,000万円を超える規模になる。

 

 居住用の物件だと、築後25年で解体は惜しい。

しかし、リノベーションの費用も膨大な数字が予測されるから

難しいものだ。

 

 近日中に、現況の建物付きで検討している法人と、見学のアポ日時を

確定出来た。

 

 その際の、建物内部の状況と法人の感度で、残すか解体するか、

判断基準につなげようと思う。

 

 

 

最新記事