ブログ

■ マンションと投資

某大手仲介会社の一棟売り、中古マンションの販売用資料を見た。

 

さいたま市内の鉄骨造3階建て、全15室位の売却用一棟マンションだ。

 

 私が以前に住んでいた地域でもあったから興味を覚えた。

建築後20年弱だが、最寄り駅からはもっと徒歩圏内で、好物件に見えた。

 

が、しかし驚いたのは、入居率の余りの悪さだ。

 

全体の半分の入居に満たしていない。

つまり、半分以上が空室のマンションなのだ。

 

 前のマンションオーナーが選択した仲介か管理会社が悪かったのか、

この立地でこの程度の入居率だと、売却せざるを得なかったのだろう。

 

 それとも、仲介か管理会社がオーナーから徐々に距離を取り出して、

入居率が悪化したのか。

 

 いずれにしても、このマンションを最近購入したのは都内の不動産会社

だという。

 

 これから、新たに入居者を集め、満室近くになったら一般の投資家に

売却をする仕組みらしい。 資料にはそれを前提とした計算があった。

 

 中古マンションに投資される方は今後も増えるだろう。

満室の物件を購入する前に、入居者集めに苦戦していた時期の状況も

含めて聞取りの調査をしないと、また同じ状況になりかねない。

 

 何が原因で入居者が半分以下になっていたのか...

マンション投資も簡単な時代ではなく、リスクは常に潜んでいる。

だから投資は難しいのかもしれない。

 

 

 

最新記事