ブログ

■ 約定と現金

 久しぶりの光景だった。

 

 昨年より、ある物件のオーナーから賃借人であるテナントの

移転先を紹介してやって欲しいと依頼されていた。

テナント移転後は更地にして売却せざるを得ない意向がある、と言われた。

 

 オーナーと賃借人との間では既に、その移転に伴う費用について

合意形成されていた。

 オーナーが提示した金額について、テナント側も同意していたから

案件としては割りとズムーズに執り行なう事が出来た。

 

結果、当方の紹介した物件で、無事に移転先が確保出来た。

 

今日は、その約束を果たすべく金銭の授受が行われた。

 

 オーナーとテナント側も久しぶりの対面のようだったが

お互い尊重し合っているようで、清々しい光景だった。

オーナーは引越し料として現金をテナントに渡す。

テナントのお気遣いで、オーナーには贈答品が渡された。

 

 

 実務上、契約を締結するより、オーナー側の事情で

解約、明渡しを行う事の方が難しいと思われる。

 

 オーナーの人生経験が豊富で人柄も良く、

テナントと良好な関係を維持していたからこそ

移転と明渡しが予定より早く実現出来たものだ。

 

 ひとつ間違えたなら、明渡しを求める訴訟沙汰になり

紛争になる事がいかに多いか。

 

 今回、オーナーの根回しと言うか、手際の良さに舌を巻いた。

腰が低いオーナーで、最後にお礼を言われたが、

私の方がむしろ勉強になった案件でもあった。

 

オーナーの車が見えなくなるまで、頭は上げられるはずもなかった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最新記事