ブログ

■ ヒロシです...

  最近、痴呆症に関する話題を見たり聞いたりする機会が多くなった。

現在、高齢の方で7人に1人が発症。数年後には5人に1人の割合になるという。

『ヒロシ』 さんから聞いた話も、その中の一つに過ぎない。

 

 そのヒロシさんのご縁戚の方で、ご夫婦揃って痴呆症になってしまったという。

律儀な誠実なヒロシさんは地方にある、某施設にお見舞いに行かれた。

ご夫婦という事もあって、一部屋お二人で暮らしている。

 

 室内に入られると奥様の方は、待っていたかのようにじっと佇んでいた。

『こんにちは、少しご無沙汰でしたね。 ヒロシですよ』

 

 『あら、あなた、ヒロシさんに良く似ているわね』

『いや、私ヒロシですよ!』

 

  すると、奥様は室内にいらしたご主人を呼びつけて...

『ちょっと、ヒロシさんに良く似た方が来ているのよ』

 

 久しぶりに再会したご主人、旦那さんの方も近くにやって来た...

『おお! あんた、確かにヒロシに良く似ているよな』

 

 『いや、俺ヒロシだよ!』 

『ほんまに、ヒロシそっくりだな。 どこから出て来た?』 

 

『.......』

 

 このような状況だから、英明なヒロシさんも、さすがに会話にならなかったらしい。

何とも歯がゆい気持ちとなり、一人寂しく帰られたという。

 

 その日から、ヒロシさんは新たに危機感を持たれた。

規則正しい生活、早朝から愛犬との散歩に始まり、ゴルフで身体を鍛え、

昼間からカラオケを歌いまくり、脳に刺激を与える行動をしまくっている。

 

 生涯現役。 取引においては決断力に優れ、女性は奥様オンリーの愛妻家。

我々のような人間にも情を示して下さり、その言動は世の壮年男性の鏡のような方なのだ。

 

 しかし、脳の多様性に改めて驚いてしまう。 これも脳が作った一つの幻想かもしれない。

現実と思っている側が実は幻想の世界であり、夢の中だという説もある。

 

 更に深く、ヒロシさんに痴呆症対策のアドバイスをいただこうとしたら...

『人生を楽しむ。 今、楽しむ』 それだけ言い残して...

頭脳と同様、足腰も柔軟にして、薫風のように颯爽と帰られてしまった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最新記事