ブログ

コンテナを始めた男..3

 実に単純な話でした。

 

 そのオーナーの場合、市街地に約45坪の土地を所有していて、

そこにアパートマンションを建築しようとした場合の総事業費...4,500万円

 

 レンタルコンテナを購入して行政庁の建築確認も取得した場合の総事業費...

完成後の完了検査も受けて1、050万円。

 

 借金を増やしたいのなら...って相続税の対策でもない限り、

安い方の投資金額の事業を行いますよ、ね?

 

 なーに言ってんのよ、4,500万円も投資したら、

1,050万円の投資事業より当然に賃料収入が上じゃん?

と、思われた方もいらっしゃると思いますが、

肝心の賃料収入試算も...

いずれの事業においても満室近くになった場合の受取り賃料は

約25~30万円弱という事でほぼほぼ同じでした....

 

 もちろん、全てのアパートマンション事業を否定して、

コンテナ事業を推進するコーナーでもありません。

 

 持っている土地の大きさ、駅からの距離、周辺の環境等々を考慮して、

このような事業が行える環境になって来ている事、

選択の幅が増した事をお伝えしたかったのです。

 

 また、それを裏付けるような話もありましたので、

次回にその話をしてゆきたいと思います。

 

P1060030

 

最新記事